求人検索

プロダクトマーケティング

eDiscovery分野のAI搭載ソフトを世界シェアNo.1にするため、プロダクトの競争力を強化する活動を行っていただきます。

■具体的な業務
(1) eDiscovery市場を調査し、市場の中にあるニーズや機会を捉え、市場規模についての仮説を立てる。
(2) 競合調査を行い、差別化要因を定性・定量的に定義する。
(3) 見込み客の想定と商流の定義およびプライシングを営業・営業マーケティング部門と共同で行う。
(4) 新プロダクトについての事業計画(売上計画・投資計画)を関係者と調整の上立案し、承認を得る。
(5) 新プロダクトの販売を推進する上で必要な見込み客のリストアップとペネトレーションプランを営業・営業マーケティングチームと共同して計画化し、推進する。
(6) 新プロダクトのネーミングやプロモーション計画を営業・営業マーケティングチームと共同して立案し、推進する。
(7) 新プロダクトを開発する上で必要な識者やフレンドリーカスタマーとの関係を構築し、有用なフィードバックが得られるようプロジェクト化する。
(8) マニュアルなどのプロダクトに関わるコンテンツの制作の推進。

■USオフィスとのかかわり方
ユーザーの中心はUSになりますので、USとのWeb会議や、必要に応じてUS出張があります。

■行動情報科学研究所とは?
行動情報科学研究所では、行動情報科学に基づいたビッグデータ解析技術および人工知能の研究開発を行っています。自然言語処理、機械学習、データマイニングを始めとする研究やソフトウェア開発などを推進し、サービスの運用から得られるユーザー体験を、研究開発へとフィードバック。実際に社会に働きかけながら、研究開発のサイクルを加速しています。

業種

IT・通信・インターネット

職種

宣伝/販売促進

就業形態

正社員

給与

年収:700万円~1500万円

就業場所

東京都

必要な能力・経験

【必須要件】
以下の要件を全て満たす必要があります。
(1) プロダクトマーケティングを3年以上経験していること
(2) ソフトウェアビジネスの事業計画立案経験
(3)英語ビジネスレベル
【歓迎・尚可】
(1) データ分析に関連する事業の計画立案経験(AI、自然言語処理分野であれば尚可)
(2) プライシングに関する業務経験
(3) ビジネスモデル構築に関する業務経験

募集背景

【募集枠:1名】プロダクトについて、開発部門がドリブンする形で性能や機能に重点を置いて作成してきましたが、差別化要因を明確にしより競争力の高い製品にするために、製品企画やマーケティング、UXの専任者を設け活動を強化する目的での増員です。

企業概要

AI言語解析でのトップシェア企業です。独自に開発したAIエンジン「KIBIT」と「Concept Encoder」を用いて情報解析を支援しており時価総額トップ100社のうち6割を超える企業との取引実績があります。また米国ナスダックと東証マザーズに上場しており、米国、台湾、韓国のグループ会社を擁するグローバルカンパニーです。
もともとは国際訴訟支援や不正調査といったリーガル事業×AIの事業に強みがあり、現在もメインの事業となっていますが、最近ではビッグデータ解析・特許調査・電子メール監査などAIを活用した新たなビジネスを行っています。

おすすめポイント

【入社後のキャリアプラン】
プロダクトマーケティングとして、グローバルでの製品企画全体のマネージメントを手掛けて頂くキャリアパスや他のAIプロダクトに関してもご担当頂くキャリアパスも考えられます。