求人検索

【京都・亀岡】LED用リードフレームの品質保証リーダー

■職務内容:
・主な担当業務は、車載LED用リードフレームの海外顧客商品の品質苦情対応、工程品質管理になります。
・お客様のニーズを確実に把握し信頼を得るためには、迅速な品質対応が求められます。
・特に海外顧客と直接交渉できる人材はお客様からも要望されており、グローバルに活躍できる品質職能としての役割を期待します。

■職務詳細:
・自社の製品全般が品質管理・品質保証の対象です。(特に海外顧客商品の品質管理・品質保証が対象となります。)
・お客さま苦情発生時の関連部門と連携してスピードを持って問題を解決することが求められます。また、苦情に対するお客様とのコミュニケーション
・新商品に対する立ち上げ段階~量産の品質実現

■職場の雰囲気:
・年齢や役職に関係なくフラットに議論・相談を行う活発な組織です。
・自社内に開発・製造現場があるため、実際に自分たちの手足を動かして、現場を感じながら業務にあたっています。
・業務状況によってはテレワークも可能な業務スタイルです

■得られること:
・日本を代表する企業で、世界の自動車産業に貢献する貴重な経験を積むことができます。
・海外顧客も多く、グローバルに品質管理職として活躍できるポジションです。

■配属組織(品質保証部)のミッション:
品質には絶対に容易な妥協なきことの考えのもと、継続的な品質改善を打ち続けることでお客様の期待を超える安心品質を提供することが品質部門のミッションです。
・QMSの維持・改善を継続的に実施し、自社のサプライヤーから市場までの品質を保証する。

■キャリアパス:
・自社内に全ての部門を要しているため、品質業務を通じて開発、製造、生産管理全ての職能についての経験を得られます

■募集背景:
カーボンニュートラルへの流れが加速する中で、主事業である車載LED用リードフレームに対してもより小型で高信頼性の製品ニーズが高く、この高まる車載品質に対応すべく、源流防止型の工程品質管理を加速させることが求められています。また、お客様のニーズをよりタイムリーに把握するためのお客様との信頼関係強化を実現させていきます。
これら強化領域を増やすために、新たなスキル・経験をもった人財を募集します。

業種

メーカー

就業形態

正社員

給与

年収:<予定年収>
600万円~1,000万円

<賃金形態>
月給制

<賃金内訳>
月額(基本給):270,000円~670,000円

給与詳細

<月給>
270,000円~670,000円

<昇給有無>


<残業手当>


<給与補足>
※これまでのご経験・能力を考慮の上、当社規定に基づき、担当職位の大きさに応じて決定

賃金はあくまでも目安の金額であり、選考を通じて上下する可能性があります。
月給(月額)は固定手当を含めた表記です。

勤務時間

フレックスタイム制(フルフレックス)
休憩時間:60分
時間外労働有無:有

<標準的な勤務時間帯>
8:30~17:00
<その他就業時間補足>
標準労働時間/1日7時間45分

勤務地

京都府

勤務地詳細

京都府亀岡市

求める人物像

■必須条件:
・化学、素材、電子部品、自動車など、製品問わず、品質保証業務の経験3年以上

■歓迎条件:
・品質問題を、設計や材料の段階までさかのぼって、課題を特定した経験のある方
・製造現場と協働して、課題の解決に取り組んだ経験のある方
・自動車もしくは車載関連製品の品質管理の経験のある方
・データ分析や統計の知識および業務経験のある方
・英語スキル(TOEIC(R)テスト450点以上)

休日・休暇


完全週休2日制(休日は土日祝日)
年間有給休暇10日~(下限日数は、入社半年経過後の付与日数となります)
年間休日日数132日

土日祝、メーデー(5月1日)、創業記念日(5月5日)
年末年始休暇、夏季休暇、年次有給休暇、慶弔休暇、チャレンジ休暇 等

待遇・福利厚生

通勤手当、家族手当、住宅手当、寮社宅、健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険、退職金制度

<各手当・制度補足>
通勤手当:通勤交通費全額支給
家族手当:条件該当者のみ対象
住宅手当:条件該当者は独身寮・社宅入居、または住居手当を支給
寮社宅:条件該当者は独身寮・社宅入居、または住居手当を支給
社会保険:補足事項なし
退職金制度:企業型確定拠出年金制度

<教育制度・資格補助補足>
導入研修、階層別研修、機能別研修 等
社内公募制度、eアピール制度(社内フリーエージェント制度)、社内複業制度、社外留職制度、キャリア&ライフデザインセミナー など

<その他補足>
・カフェテリアプラン制度
・寮・社宅制度
・育児休業/介護休業勤務 等

企業概要

企業について:
パナソニックグループ内の拠点再編を経て、2020年(令和2年)6月に現在のパナソニック デバイスコンポーネント株式会社として発足しました。特にLED用途を中心とした樹脂付きリードフレーム商品については、高精度の金型技術や高性能のめっき技術を通じて、高輝度や高信頼性を実現し、車載分野を初めとして、グローバルで多くのお客様にご愛顧を頂き、LED用のリードフレーム市場において世界有数の製造メーカーとなっております。